RSS   |   Archives   |   Log in
プロフィール

家づくり夢づくり

Author:家づくり夢づくり
30代半ばの夫婦と
2011年生まれの娘

3人家族。

日本の西より政令指定都市
に住んでいます



元インテリアコーディネーター、
内装は全部自分で決めました(^_^.)
2012年10月に夢のマイホーム完成!


34坪の土地に54坪の家を建てました


北欧雑貨が好きですが
節約生活なのでなかなか買えません
ローコストな暮らしの中で
本当に好きなものを
少しづつ集めたいな‥・・

リンクフリーです♪

** 姉妹サイト **

『going my home~丁寧な暮らし日記』

丁寧な暮らしに憧れて始めたサイトです
インテリアの事も綴っています
コチラもどうぞヨロシクお願いします

スポンサードリンク
最新トラックバック
カウンター
 

スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Web内覧会 お風呂編

 

バスルーム 内覧会です


DSC02599.jpg
コチラは入居前の画像です。



DSC06414.jpg
そして、こちらは入居後。

使用感出てますね




棚が3段ついていましたが、オプションで1段増やしてもらいました。
差額は定価が1500円だったので、もう少し安かったと思います

位置も細かく指定してつけてもらいました。


今は家族全員同じものを使用していますが、将来娘が大きくなったら色々と増える可能性があるな~と思い増やしました。


今は一番上に掃除道具

二番目は私の洗顔石鹸

三番目は娘のシャンプーとボディーソープ

四番目にシャンプーリンスボディーソープを置いています。




DSC06413.jpg

我が家で使用しているシャンプーボトルです







使い勝手は良いです。


色がたくさん種類があって悩みましたが、このホワイトタイプにしてよかったと思っています。


中身がうっすら見える程度なので、少なくなってきたことも分かるし、見た目もキレイです。


出る量が少し少ないかとも思いましたが、私は全然大丈夫です。


シャンプーも3プッシュくらい出して使っています。


我が家の浴室はリクシルのLa Bath です。


床の色はショールームのアドバイザーの方はグレーを奨められましたが、


私の感覚でベージュにしました。



正解でした。



そして、使用した感想は・・・



良いです。



ただ、今までのお風呂より赤カビの出るスピードが速い気がしました。

これは浴室の環境のせいもあるかもしれません。



前のお風呂より気密性が高いということだと思います。



ただ、カビが出ても、ちょっとこすれば全然とれます。




ちょっと放置してしまうとすぐに排水溝に赤カビが発生してしまいます。


以前の賃貸なら手遅れの場合が多いですが、ちょっと日にちが経ってしまっても


歯ブラシでこするだけで取れます。



そして、感動しているのが、くるりんポイです。



これは本当にスゴイです!!!



今までだったら、排水の所に排水カゴがありましたが、そこに髪の毛が絡んで結構とるのに大変でした。



それが、ぽいっと逆さにするだけで簡単に捨てられるんです!!




これは本当にびっくり。


CMの演出だけかと思っていましたが、実際に使うと良いものだということがはっきりわかりました。



リクシルの浴室おススメですよ



↓いつもたくさんのクリックありがとうございます♪ 更新の励みになります 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 

にほんブログ村 住まいブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ





にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ



関連記事
スポンサーサイト

Comment


          
スポンサード リンク
私のお気に入り

ダイニングに使っています



ダイニングで使用中
音がしないのでお気に入りです♪




憧れの逸品!ダイニングに使いたい




どこにでもちょこっと置けるスツール




玄関で愛用中
この鏡があるだけで
部屋がセンスアップします



検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
参加しています


参考になるブログがたくさん


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
おススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。